脂肪吸引の種類

Pocket

胸に移動脂肪吸引の施術方法は、色々あり、どの施術方式を選択するかでもかなり迷います。先ず、脂肪吸引も施術により、お腹を切る施術か切らない施術かに分かれます。切らない方法での脂肪吸引は、広範囲の脂肪に適しており、脂肪吸引した後には、リバウンド吸引ムラによる凸凹はありません。そのため、切らない方法で脂肪吸引を行う方も多く、予約の多い施術方式となっています。

施術の際、お腹を切る脂肪吸引の場合、脂肪吸引しながら脂肪が欲しい部分へ注入するといった作業も行えるので、その分自分の理想としているボディー体系にすることが出来るとして評判になっています。
大阪で豊胸手術を行っている美容外科クリニックでは、脂肪注入豊胸という施術メニューがあります。術後にレントゲンに写る心配もなく、バストアップとシェイプアップが同時に出来ると人気をよんでいるようです。やはり、どのクリニックでも注入する部位で人気なのは、胸やヒップです。胸に注入する事によりバストアップになり、ヒップに注入すると、ヒップアップにつながるので、理想としている体型になるとして人気のある施術です。

その他の施術では、レーザーを使用して脂肪を破壊し除去する方法です。これは、広範囲の除去というよりも、もう少しお腹を引き締めたいと思った時に施術するほうが効果的です。このように、脂肪吸引の施術も、各種で様々あり、効果も色々あります。また、施術によって値段も違うので、受ける前にはカウンセリングを必ず受けましょう。

 

まぶたの脂肪吸引

目ちなみに、脂肪吸引ができるのはお腹だけじゃないのを知っていますか?
まぶたに皮下脂肪が多くあることにより、はれぼったさを感じる目元になってしまったり、目の大きさが小さく感じられるということが多くあるもので、一重瞼の人は二重まぶたへの強い憧れを抱いている人がとても多いものです。

まぶたの好きな位置にテーピングを行ったり、専用ののりなどにより二重まぶたを作る人も少なくないものですが、一時的な状態で元に戻ってしまうために、本来の二重まぶたを長時間維持するということにはならないことが多いものです。二重まぶたを自分で作るにも毎日時間がかかることや、薄いまぶたの皮膚を専用ののりや器具のしようなどにより痛めてしまうこともあるものです。

より安全に、より快適な二重まぶたを作り上げるためには、脂肪吸引を受けることがとても望ましいものです。脂肪吸引を行うことで、はれぼったさの原因となっていた余分な皮下脂肪の量が減少されることで、くっきりとした綺麗な二重まぶたを作ることができるものです。

 

フェースラインの脂肪吸引

つづいてはフェースラインの脂肪吸引について説明していきます。
加齢とともに、皮膚がたるむことや、顎の周りには皮下脂肪がつきやすく取れにくいために、気がつくと二重あごになっている場合があります。下膨れや二重あごを改善することで、とても若く見られるようになるものです。フェースラインの脂肪吸引を行うプチ整形を受けることで、確実にアンチエイジング効果を得ることができるものです。

顎のラインフェースラインの余分な脂肪を取り除くことで、あこがれの小顔が実現できることで、これまで諦めていた洋服の形にもチャレンジすることができるようになります。顔のアンチエイジングは、顔の余分な脂肪やたるみを改善することにより得られるもので、現在では、とても簡単な施術で行えるように進化している技術の一つです。

不足しがちな潤い性のコラーゲンやヒアルロン酸などをシワの気になる部分に注入することをともに行えば、実年齢よりも若く見られるようになり、年代を間違われるほどのアンチエイジング効果を得ることができるものです。まずはフェースラインをスッキリさせることが効果的です。

脂肪吸引のメリット

Pocket

細いダイエットしたい方が、脂肪吸引を考えるには、そこにメリットがあるからです。脂肪吸引のメリットは、施術を行った部分の脂肪がなくなるので、その部分は細くなり、見た目にも良くなるので、それだけでもメリットと言えます。しかし、脂肪吸引のメリットは、見た目の良さだけではありません。余分な脂肪を体外に排出した事により、脂肪細胞の数は減ります。その結果、痩せやすくなり、太りにくくなります。これは、脂肪吸引の施術を受けた方しか体験できない事ですが、実際に施術した方は、見た目が細くなり、体系を維持しやすくなると評判になっています。

その他のメリットでは、脂肪吸引を行う事により脂肪細胞が減少するので元の体系には戻りにくくなります。しかし、どんな方でも脂肪吸引の施術を受ける事が出来るかと言うと、そうではありません。施術を受ける際には、あらかじめ血液検査を行います。この血液検査の結果によっては、施術を受ける事が出来ない方もいます。

一番の問題は、貧血です。施術を行うと、出血するので、貧血になる可能性があります。そのため、元から貧血の方を施術してしまうと、さらに貧血になってしまい、危険な状態になってしまう可能性があります。そのため、検査を受けて、健康な方だけが受けられる施術となっています。

 

脂肪吸引で理想の足に変身

脚ここで少し私の話をさせて下さい。
私の長年の悩みは足が太いことでした。学生時代ずっとテニスをしていたせいか、筋肉があり、そればテニスを辞めた瞬間、それが全て脂肪に変わりただ太いだけの足になりました。特に、太ももと、膝の上の脂肪が目立ちます。ファッションが大好きなのに、足を出すようなファッションは絶対にできません。

いろいろ、足痩せに効くというような運動をしてみたり、マッサージをしてみたりもしましたが、どれも全く効果が自分では出すことができませんでした。どれも自分の努力が足りないのかもしれませんが、もう10年以上ずっと悩んできているので、いい加減どうにかしたいと思い、行動にしたのが脂肪吸引です。

脂肪吸引なら、気になる痩せたい部分のみの脂肪を取り除くことができるので、部分的に足のみを補足することも可能です。自分でいろいろ病院を調べ、カウンセリングを受け、本当に信頼できる先生に行ってもらいました。手術には不安もありましたが、結果は大成功で、長年夢見た細い足が手に入りました。貧血持ちでなかったことが救いでした。もし、この手術が受けられなかったら今もコンプレックスの塊だったはずです。簡単な手術ではもちろんないので、最終的には自分で決断しなくてはいけないですが、勇気を出してみたことで今の足を手に入れられたと思うと、やってよかったなと私は思います。

 

脂肪融解レーザー技術

大阪の知人が受けたレーザー部分的施術についても少し触れておきます。
部分的に脂肪を取る美容整形なら、通常脂肪を減らしたい場所に脂肪吸引管を挿入し陰圧で吸引除去する脂肪吸引法が主流です。しかし、この方法に抵抗のある人に用いられる方法が、脂肪融解レーザーじゃないかなと思います。大阪の知人がこの整形を受けたことで知ることになったのですが、別名レーザースタイリングとも呼ばれるこの方法は、脂肪を減らしたい部分に直接レーザーを照射して脂肪を融解するようです。

手術融解された脂肪は、白血球の一種であるマクロファージに食べられて、最後には尿や汗といった老廃物と一緒に体外に排出されるとのことで、局所麻酔を用いて施術され、脂肪吸引法と比べて、施術時間は短いそうです。実際、レーザーで融解出来る脂肪量は、一回あたり約250ミリリットル程度と限られるようで、広範囲の脂肪除去には適しておらず、頬や顎や二の腕や膝などの部分痩身に適していると言われています。大阪の知人は、顎の下の脂肪をこの方法で減らすことで、すっきりした見栄えに変身しました。

レーザー照射は脂肪細胞の細胞壁を破壊することで脂肪を分解するそうですが、レーザー光の波長の選択により、コラーゲン生成を促進させ皮膚の引き締め効果も期待できる手法とのことです。工業的にも広く適用されているレーザー技術の裾野の広い応用の一端がここでも見ることができました。

脂肪吸引の効果

Pocket

デブ脂肪吸引を考えている方のイメージでは、脂肪吸引は痛い怖い、さらには費用が高額というイメージです。しかし、実際の脂肪吸引はイメージと違う部分が多く、美容外科で説明を受けると、驚く方がいます。脂肪が付きやすい人と付きにくい人がいますが、脂肪が付きやすい方は、太りやすくて痩せにくいのです。それは遺伝とも言えます。

ダイエットを長期間やってもなかなか痩せないという方、そういう方は痩せにくいのです。これは体質による物なので、仕方のない事なのです。体でも、下半身や上半身のどちらかに脂肪が付きやすいとかも、体質によるものが多いです。痩せにくい体質の方が、ダイエットで痩せるにはかなりの努力が必要であり、ダイエットに成功しても、それを維持する為には、それ以上に努力しないといけません。ですから、痩せている状態を維持する事がとても重要であり、それが一番難しいのです。

ダイエットの場合脂肪の数を減らすのではなく、脂肪の大きさを小さくしています。ですから脂肪細胞の数は減っていません。しかし、脂肪吸引は、脂肪細胞の数を減らすので、確実に痩せる事が出来ると言われています。脂肪吸引する前と、した後では、脂肪のつき方に変化が出てきます。局部の脂肪吸引はそれほど高額ではありませんので、試してみましょう。

 お腹まわりの脂肪を解消するエステの体験

下っ腹脂肪を落としたいと思った時、一番最初に「脂肪吸引」を思いつきますか?その前にエステでなんとか痩せられないかな?と思う人も多いと思います。私だって最初から脂肪吸引に頼ったわけではありません。まず初めにエステでお腹まわりの脂肪を解消したい!と運動は体力がないせいで出来ないのでエステに頼ることにしました。

ダイエットプランというものもあるそうですが、サロンでは頼めば、気になっているところを集中的に施術してくれるそうなのでお腹まわりの脂肪を解消したいので集中的にお腹のあたりを施術するように言いました。お腹まわりがすっきりするというメニューもあったので体験したのですが、1回だけではどのように効果があったのかはわかりずらかったのですが、体脂肪率を測定してみると19パーセントだったのが17パーセントになっていました。

体重にこそ変化はなかったのですが、体脂肪率が減っていたというのは確実に効果があったのかを示しているので嬉しいことでした。19パーセントという数字だったのが17パーセントまでになっていたのですが、体脂肪率というものは測定する時間などによっても数値が異なってくるようなのでそれはなんとも言えないです。エステだって続ければ料金もバカになりません。

 

メタボリックを体脂肪計でチェックする

体重健康診断の中にもメタボリックの検査が入ってきたほど、メタボリックについての関心が深まってきています。私も最初は知らなかったのですが、単に太っている人がメタボリックというわけではなく、内臓脂肪が実は大事なんですね。

「脂肪」というのは、見えている外観部分だけじゃなくって、体の中にも付くわけで例えばどこかの骨の周りについている脂肪なんてのは、落とすのが結構厄介だと聞きます。見た目が痩せている人が、体脂肪が全然ないとは限らないようで、痩せている人でも内臓脂肪はたくさん付いているなんてことが多々あるのです。

内臓脂肪は医療機関でも計ることができますが、今は手軽に家庭で確認できる体脂肪計が販売されています。自分のメタボリック状態が気になるような人は、体脂肪計を一家に一台購入してみてはいかがでしょうか。体重計の機能と一緒になっているものも多くありますし、何より5000円も出せば結構いいやつが買えるのです。

脂肪吸引はどんな施術?

Pocket

脂肪吸引とは、特殊な吸引管を使用し、皮下脂肪を吸引して取り除く手術であり、美容整形外科美容クリニックの美容手術として用いられる。対象になる人は、局部的に脂肪を減らしたい方やダイエットするけどリバウンドが激しい方に用いられる手法です。

手術以前の脂肪吸引の場合、脂肪を減らしたい部分に脂肪吸引管を入れ、吸引し、不要な脂肪を除去します。この施術方法が主流となる以前は、脂肪を切除して取り除く方法が主流でした。しかし、脂肪吸引は、傷が小さいなどのメリットがあるので、現在では脂肪吸引が主流となります。

その他の脂肪吸引手術は、超音波を利用し、脂肪を破壊しながら吸引していく超音波脂肪吸引方式がありますが、これは、体内から超音波を発し、脂肪細胞を破壊するので、高出力でした。そのため、火傷などの炎症が長引く事もありました。しかし、皮下脂肪の7割が除去できました。

その他、体外から超音波を発し、体内の脂肪細胞を破壊して、脂肪吸引管で吸引していくものがありました。この方法でも、皮膚表面から超音波を体内に発生させるため、皮膚の火傷の症状を招き、良い方法と言えませんでした。この他にも数種類の脂肪吸引施術方式がありますが、体に負担の掛かる施術方法は、長い間は使用されず、新しい方式にどんどん進化していきました。現在主流となっている脂肪吸引では、局部的な部分にも使用可能で、価格もそれほど高額ではありません。最先端の技術を試してみるのもいいでしょう。

 

出産経験者のお中には脂肪吸引が効果的です

ついた贅肉妊娠出産を経験した人の多くは、一旦脂肪細胞が増加したために、特に中年を迎える年代になる頃から、皮下脂肪の大きさが拡張するもので、特に下腹部には皮下脂肪がたまり放題になってしまうものです。そのようになると、洋服のサイズも変わり、若い頃にはない、中年特有の体型へと移行してしまいやすいものです。

なかなか一度拡張してしまった脂肪細胞を自力で落とすとなると、かなりの苦労がつきものとなるために、多くの中年女性はあきらめに入るものですが、諦めることによりさらに脂肪細胞が拡張するようになります。

お腹についてしまった皮下脂肪を諦めるのではなく、より楽な方法により取り除くことができるのが脂肪吸引法といえるもので、脂肪吸引を行うことで、妊娠時に増加した脂肪細胞を減少させられるために、それ以降脂肪の拡張も抑えることができるものです。いくつになっても引き締まった体型を維持させるためには、脂肪吸引法を上手に活用されることがおすすめです。

 

 

自己脂肪を脂肪移植した豊胸手術が安全です

せっかくなら吸引した脂肪を胸に・・・なんて考えている方もいるかと思います。同時に豊胸手術も考えている方にはおすすめのクリニックがあります。脂肪吸引をした自己脂肪を脂肪移植する豊胸をしてくれます。異物を入れませんから、後遺症の心配もありません。見た目もより自然で美しい仕上がりになります。

胸胸に注射で注入しますから、傷あとも残りません。太ももやお尻の脂肪を吸引して胸に注入します。自分の脂肪なのでアレルギー反応や、後遺症もなく安心です。痛みもほとんどなく、その日に帰れます。最近は、プチ整形でヒアルロン酸を注入する方法もあります。こちらも注射をするだけと簡単ですが、持続効果が短めです。

自分の脂肪を入れる場合は、持続性に優れています。どのくらいバストアップされるかと言いますと、個人差がありますが、2カップほどのバストアップが可能です。太ももや、お尻といった気になる部分から脂肪吸引することでダイエットにもなります。ウエストから脂肪吸引しますと、ウエストも細くなり、バストアップができます。