脂肪吸引の種類

Pocket

胸に移動脂肪吸引の施術方法は、色々あり、どの施術方式を選択するかでもかなり迷います。先ず、脂肪吸引も施術により、お腹を切る施術か切らない施術かに分かれます。切らない方法での脂肪吸引は、広範囲の脂肪に適しており、脂肪吸引した後には、リバウンド吸引ムラによる凸凹はありません。そのため、切らない方法で脂肪吸引を行う方も多く、予約の多い施術方式となっています。

施術の際、お腹を切る脂肪吸引の場合、脂肪吸引しながら脂肪が欲しい部分へ注入するといった作業も行えるので、その分自分の理想としているボディー体系にすることが出来るとして評判になっています。
大阪で豊胸手術を行っている美容外科クリニックでは、脂肪注入豊胸という施術メニューがあります。術後にレントゲンに写る心配もなく、バストアップとシェイプアップが同時に出来ると人気をよんでいるようです。やはり、どのクリニックでも注入する部位で人気なのは、胸やヒップです。胸に注入する事によりバストアップになり、ヒップに注入すると、ヒップアップにつながるので、理想としている体型になるとして人気のある施術です。

その他の施術では、レーザーを使用して脂肪を破壊し除去する方法です。これは、広範囲の除去というよりも、もう少しお腹を引き締めたいと思った時に施術するほうが効果的です。このように、脂肪吸引の施術も、各種で様々あり、効果も色々あります。また、施術によって値段も違うので、受ける前にはカウンセリングを必ず受けましょう。

 

まぶたの脂肪吸引

目ちなみに、脂肪吸引ができるのはお腹だけじゃないのを知っていますか?
まぶたに皮下脂肪が多くあることにより、はれぼったさを感じる目元になってしまったり、目の大きさが小さく感じられるということが多くあるもので、一重瞼の人は二重まぶたへの強い憧れを抱いている人がとても多いものです。

まぶたの好きな位置にテーピングを行ったり、専用ののりなどにより二重まぶたを作る人も少なくないものですが、一時的な状態で元に戻ってしまうために、本来の二重まぶたを長時間維持するということにはならないことが多いものです。二重まぶたを自分で作るにも毎日時間がかかることや、薄いまぶたの皮膚を専用ののりや器具のしようなどにより痛めてしまうこともあるものです。

より安全に、より快適な二重まぶたを作り上げるためには、脂肪吸引を受けることがとても望ましいものです。脂肪吸引を行うことで、はれぼったさの原因となっていた余分な皮下脂肪の量が減少されることで、くっきりとした綺麗な二重まぶたを作ることができるものです。

 

フェースラインの脂肪吸引

つづいてはフェースラインの脂肪吸引について説明していきます。
加齢とともに、皮膚がたるむことや、顎の周りには皮下脂肪がつきやすく取れにくいために、気がつくと二重あごになっている場合があります。下膨れや二重あごを改善することで、とても若く見られるようになるものです。フェースラインの脂肪吸引を行うプチ整形を受けることで、確実にアンチエイジング効果を得ることができるものです。

顎のラインフェースラインの余分な脂肪を取り除くことで、あこがれの小顔が実現できることで、これまで諦めていた洋服の形にもチャレンジすることができるようになります。顔のアンチエイジングは、顔の余分な脂肪やたるみを改善することにより得られるもので、現在では、とても簡単な施術で行えるように進化している技術の一つです。

不足しがちな潤い性のコラーゲンやヒアルロン酸などをシワの気になる部分に注入することをともに行えば、実年齢よりも若く見られるようになり、年代を間違われるほどのアンチエイジング効果を得ることができるものです。まずはフェースラインをスッキリさせることが効果的です。