脂肪吸引はどんな施術?

Pocket

脂肪吸引とは、特殊な吸引管を使用し、皮下脂肪を吸引して取り除く手術であり、美容整形外科美容クリニックの美容手術として用いられる。対象になる人は、局部的に脂肪を減らしたい方やダイエットするけどリバウンドが激しい方に用いられる手法です。

手術以前の脂肪吸引の場合、脂肪を減らしたい部分に脂肪吸引管を入れ、吸引し、不要な脂肪を除去します。この施術方法が主流となる以前は、脂肪を切除して取り除く方法が主流でした。しかし、脂肪吸引は、傷が小さいなどのメリットがあるので、現在では脂肪吸引が主流となります。

その他の脂肪吸引手術は、超音波を利用し、脂肪を破壊しながら吸引していく超音波脂肪吸引方式がありますが、これは、体内から超音波を発し、脂肪細胞を破壊するので、高出力でした。そのため、火傷などの炎症が長引く事もありました。しかし、皮下脂肪の7割が除去できました。

その他、体外から超音波を発し、体内の脂肪細胞を破壊して、脂肪吸引管で吸引していくものがありました。この方法でも、皮膚表面から超音波を体内に発生させるため、皮膚の火傷の症状を招き、良い方法と言えませんでした。この他にも数種類の脂肪吸引施術方式がありますが、体に負担の掛かる施術方法は、長い間は使用されず、新しい方式にどんどん進化していきました。現在主流となっている脂肪吸引では、局部的な部分にも使用可能で、価格もそれほど高額ではありません。最先端の技術を試してみるのもいいでしょう。

 

出産経験者のお中には脂肪吸引が効果的です

ついた贅肉妊娠出産を経験した人の多くは、一旦脂肪細胞が増加したために、特に中年を迎える年代になる頃から、皮下脂肪の大きさが拡張するもので、特に下腹部には皮下脂肪がたまり放題になってしまうものです。そのようになると、洋服のサイズも変わり、若い頃にはない、中年特有の体型へと移行してしまいやすいものです。

なかなか一度拡張してしまった脂肪細胞を自力で落とすとなると、かなりの苦労がつきものとなるために、多くの中年女性はあきらめに入るものですが、諦めることによりさらに脂肪細胞が拡張するようになります。

お腹についてしまった皮下脂肪を諦めるのではなく、より楽な方法により取り除くことができるのが脂肪吸引法といえるもので、脂肪吸引を行うことで、妊娠時に増加した脂肪細胞を減少させられるために、それ以降脂肪の拡張も抑えることができるものです。いくつになっても引き締まった体型を維持させるためには、脂肪吸引法を上手に活用されることがおすすめです。

 

 

自己脂肪を脂肪移植した豊胸手術が安全です

せっかくなら吸引した脂肪を胸に・・・なんて考えている方もいるかと思います。同時に豊胸手術も考えている方にはおすすめのクリニックがあります。脂肪吸引をした自己脂肪を脂肪移植する豊胸をしてくれます。異物を入れませんから、後遺症の心配もありません。見た目もより自然で美しい仕上がりになります。

胸胸に注射で注入しますから、傷あとも残りません。太ももやお尻の脂肪を吸引して胸に注入します。自分の脂肪なのでアレルギー反応や、後遺症もなく安心です。痛みもほとんどなく、その日に帰れます。最近は、プチ整形でヒアルロン酸を注入する方法もあります。こちらも注射をするだけと簡単ですが、持続効果が短めです。

自分の脂肪を入れる場合は、持続性に優れています。どのくらいバストアップされるかと言いますと、個人差がありますが、2カップほどのバストアップが可能です。太ももや、お尻といった気になる部分から脂肪吸引することでダイエットにもなります。ウエストから脂肪吸引しますと、ウエストも細くなり、バストアップができます。